時間を有効活用して成功を掴む方法を福岡の名物社長・板井明生が徹底解説

板井明生|有効活用する方法

 

板井明生

 

 

そもそもとても当たり前なことから、お話しします。

 

一日は24時間です。
これは全ての人に平等に与えられた時間です。

 

この時間をいかにうまく使うかが、将来を変えていくことに繋がります。

 

「もし、木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐことに費やすだろう」リンカーンの名言です。
つまり発想の転換です。

 

目的は木を切り倒すことですが、ただただ斧を振ってもどんどん斧はキレが悪くなるだけです。
斧を4時間研いで鋭くして、木を切れば結果的にすぐ切り倒せるのです。

 

時間は有限ですが、その限られた時間をどのように活かせば良いのかを考えることは重要ですし、後々自分に大きな利益を生むでしょう。